HOME  初めての方へ  フェイシャル  リフレクソロジー  Q & A
 ご予約  マップ  リンパって?  洗顔  使用化粧品

 
     

  正しい洗顔方法とは

皆さんはどのように洗顔をされていますか?
今回は正しい洗顔をお教えします。


まずは、皮膚表面の汚れを落とすために、「ぬるま湯」で素洗いを3回繰り返しましょう。

顔は、30℃くらいの「ぬるま湯」で洗って下さい。
温かいお湯で洗ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌の原因になってしまいます。 さらには、水分の蒸発にもつながってしまいます。
例えば、家事をされている方は、お湯で食器を洗うと手がカサつくことはありませんか? 水で洗った場合はなりませんよね?
それと同じことが顔で起こってしまうのです。
ですので、顔を洗う時は「ぬるま湯」が基本です!
(冷水だと余分な皮脂が取れなくなってしまうので注意!)


続いて、洗顔料はしっかり泡立てて下さい。
手の平を返しても引っ付くくらいの、弾力のある泡がベストです。
弾力のある細かい泡は、しっかりと毛穴の汚れを吸着してくれますし、刺激も少なくなるので、 敏感肌の方は特に心がけて泡立てましょう!
(泡立てネットがない方は、三角コーナーのネットや、みかんが入っている網でも代用できます。)
あとは皆さんもご存知かと思いますので簡単に説明しますが、
顔は手で擦らずに、泡を皮膚の表面で滑らせたり、押さえ込むように洗ってください。
汚れや余分な皮脂は、手で擦って落とすのではなく、泡に吸着させて落とします。
(泡を馴染ませる順は、額→鼻→頬→口元→目元が理想です)


すすぎは、顔全体にしっかり繰り返し行いましょう。
すすぎ残しがあると皮膚にダメージを与えてしまうことになるので、
ごしごしやらずに、念入りに流してあげてください。


そして、泡をぬるま湯でしっかり流し終えたら、冷たいと思えるくらいの水で、
何度もしめちゃって下さい♪
なぜかと言うと、熱を保った状態で化粧水を入れても、蒸発しやすいからです。
これを聞いて、「毛穴をとじてしまったら逆に化粧水が入らないんじゃ?」と、 思った方もいらっしゃるかと思いますが、それは大丈夫です。
化粧水は、毛穴から入るというよりも、肌全体で吸収していきます。
手の熱でしっかり浸透させてあげれば、ちゃんと吸収してくれますので、
五百円玉くらいの化粧水を手に取り、少し体温で温めてから肌に馴染ませることを、
3回ほど繰り返し行ってください。
その後は、乳液やクリームでしっかり蓋をしてあげてください。


最後に、洗顔は毎日のお肌の状態に合わせてすることが大切です。
休みの日に、朝起きてそれほど油分が浮いていなかったり、カサカサなのであれば、 洗顔料を使わない「ぬるま湯洗顔」をオススメします。











Copyright © 2008 homesalon Loeb All rights reserved.
by Loeb